2021.09.06

「デジタルハンター」

 BS1チャンネルはほとんど見ていなかったのだが、今日は「BS1スペシャル デジタルハンター 謎のネット調査団を追う」という「オープンソース インベスティゲーション」を見た(昨年放送されたものの再放送)。もともとはコンピュータゲームの「オタク」だった人たちが、世界的な大事件や政治的な「陰謀」を世界中に公開されているSNSやデータベースをもとにしてその「真相」を追求していく、という非常におもしろい番組だった。番組の中では数年前の「イランの旅客機墜落」が事故であるのかなんらかの事件であったのか、すべてネット上にオープンになっていたデータから明らかにしていくという「べリングキャット」の活動が紹介されていた。(ほかに新疆ウイグル自治区での人権問題と新型コロナ発生地の問題が取り上げられていた。)

 身近な話題にもネットにアップされた一枚の写真からその場所や時間、投稿者など明らかになってしまう、というようなネット社会の危険性についてニュース等でも取り上げられることがあるが、それを徹底的に実行していくものであった。旅客機墜落事件ではたまたまネットに投稿されていたイラン軍の地対空ミサイルの写真、事故現場の写真・動画、何らかの飛行物体の爆発の動画など断片的な情報を綿密に再構成していくことによりミサイルによって撃墜された、という結論に至る(前後関係はわからないがイランもミサイルの「誤射」であることを認めた模様)。

 ニューヨーク・タイムズにはこのようなデジタルハンターが採用されていて、あるデジタルハンター氏は個人名も明かして、一枚の写真を投稿して、それがどこで取られたものかを推測するゲームとしてSNSにクイズとして投稿して人気を博しているそうだ。

 この番組の最後に、ジャーナリズムのあり方(新しい「調査報道」の可能性)、国際政治で生じうる問題等が指摘されていた。世界中の無数のスマートフォンや公開されているデータが発信している混沌としたデータからなにかを隠すことは不可能なのかもしれない。その一方で、なにかを隠そうとする場合、偽情報が(真実と見分けのつかない)流されることにもなるだろう。米国のある大学ではこのような調査手法をテーマにした講座も開かれている。(新しいデジタル庁にもこのような部局ができるのであろうか。)

| | Comments (0)

グレートトラバース3再開

BSプレミアム「グレートトラバース3」が再開された(9/4放映)。放映はあと2回のこされて、300名山人力踏破達成というところまで来た。「第33集最難関!日高山脈大縦走」は見ごたえのあるものだった。まずは4月とはいえ北海道の山々はまだまだ冬山であったが、避難小屋等ないのでテントとイグルーを設営しながら8日におよぶ大縦走で装備は50キロという過酷な登山だった。途中、疲労のためあやわ大事故という危険な場面もあった。しかし、好天に恵まれた日の青空と雪山の景色は雄大で素晴らしいものだった。

| | Comments (0)

2021.08.30

水泳の基礎

今日はスポーツクラブの特別プログラムでNコーチの「水泳入門」に出てきた。まず、浮き方(くらげ浮き)、沈み方(水中で腰をかがめて足首をにぎる)、体重の移動(1)(水中で体を前に倒し、体が前に引っ張られる感じ)、体重移動(2上下)(腕を伸ばしてY字型のバンザイして体を鎮める、くらげ浮きで手足をダラリと下げると体が浮く)、体重移動(3左右+前方)Y字型バンザイの形で体を左右にゆっくりゆらし、肩を沈め、反対側の肩を前におくると体全体が前方へ引っ張られる。呼吸(ゆるゆる吐かないで、浮上したらすばやくしっかり吐くと自ずと息を吸うことができる。大体は吐く動作が弱いために吸い込むことができず息がくるしくなってくる。

各泳法はこれらの特徴が組み合わされているので、手足で一生懸命かく練習をする前にこれらの動作が身についていることが大切というお話だった。なるほど、やってみると、体重移動(3)あたりはまだまだだなあ。

| | Comments (0)

芸術家のパリ生活

先日たまたまBSプレミアムで、辻仁成氏のシングルファーザーパリ生活の模様と作曲家加古隆氏のパリ再訪の番組を見た。

「ボンジュール!辻仁成の春のパリごはん」という番組で再放送を録画して見た。パリのロックダウンもあって、ほぼ自撮りされたものだった。辻氏は多才な人で、小説家でもあり音楽家でもある。氏の日記(退屈日記など)は17歳息子氏との生活やパリでの生活、料理など個人の生活がかなりあからさまに描かれているが、そこはプロ仕様というべきで読み物としてもとてもおもしろい。それにしても辻氏は多才な才能を発揮されている。

加古氏はNHKスペシャル「映像の世紀」のテーマミュージックになっている「パリは今も燃えているか」の作曲家で、若い頃に留学していたパリを再訪する番組だった(「NHKプレミアムカフェ パリは未だ燃えているか 旅人加古隆」2013年放映)。加古氏の音楽活動の遍歴をたどりながら(クラシック、現代音楽、フリージャズ)「パリは燃えているか」の解題のような番組構成になっていた。遠い後輩にあたる音楽大学の学生たちと「パリは燃えているか」を演奏するシーンでまとめられていた。若い演奏家に楽譜だけ渡した演奏と同じ楽譜でも作曲家の意図により指揮された演奏ではとても違った印象を与えるものだと思った。

辻氏は60代(で現在も在仏)、加古氏は70代であるが、このお二人の顔立ちがよく似ているように感じられることもあって、ファッションも良く似ているように感じた。帽子と長髪(辻氏はストレート、加古氏はソバージュ)、黒っぽい上着とマフラーというようなパリの街を背景にして、いかにもよく似合うものだった。

| | Comments (0)

2021.08.06

夏ブレンド「涼雨」

「雨の日の珈琲」店の夏のブレンドは「涼雨」。ブラジル、パプアニューギニア、ガテマラ、ミャンマーのブレンド。すっきりした苦味ときれいで華やかな感じ。店主のKさんによるとアイスコーヒーでおいしくなるように、ということだった。家ではアイスコーヒーはほとんど飲まないが、たしかに冷えてもスッキリ飲むことができる。試したことはないが、テイクアウトのメニューに炭酸水割りのアイスコーヒーがあって、「涼雨」はこのために考えたようなブレンドです、ということだった。

| | Comments (0)

«書店「日記屋月日」